koboで読めるオススメ〜青空文庫編1〜岡本綺堂「半七捕物帳」

kobo で読めるシリーズその2、青空文庫編第一弾は岡本綺堂の「半七捕物帳」シリーズ。「シャーロック・ホームズ」や「御宿かわせみ」シリーズに近い感じ。

舞台は明治初期、かつての岡っ引き半七親分の江戸の自分の昔語りを若者(ニート)が聴くという体裁で、オムニバス形式のミステリ時代小説です。ときどきええええ〜っていうオチのお話もありますが、文体も軽やかで読みやすいオススメのシリーズ。

なのですが、koboストアだと、一覧にサブタイトルがでてこないのと、巻数表示がされていない+サブタイトルで検索できないので、順番に探すのが大変です…。というわけで、青空文庫の一覧をもとに、ナンバリングしてみました。

Leave a Reply