子育て振り返り〜3歳10ヶ月+11ヶ月

あっという間に時が過ぎ去っていきます。

魔の2歳児、悪魔の3歳児なんて言葉を先輩ママさんからよく聞いたものですが、本当に割と大変な日々でした。やはり下の子が生まれたおかげで、なかなか上の子に手をかけることができず、そうなると不満もたまり、いやいや爆発!母は絶望・・・みたいなことが多く、出産後の冬〜春あたりまでは本当に大変でした。

実は2月から復職していて、Half loadな感じでうちで面倒を見つつ仕事をし、その後、春から下の子も保育園にお世話になることになりました。
仕事を始めると、やはりペースも変わってくるのと、自分一人の時間ができるので、少し私も落ち着くことができ、その影響もあったのか、上の娘もだいぶ落ち着いてきました。

ただ、問題は下の子で、完全母乳で育ててしまったために、哺乳瓶を一切受け付けず、保育園に通うようになってからもミルク拒否、断食生活を始めてしまいました。なので、しばらくは午後2時頃にお迎え、そのあとは家で見つつサポートメインで仕事をする、というスタイルだったのですが、少しずつミルクも飲めるようになったのが6月頃、そこから離乳食も進めることになったので、フルタイムで預けることにしました。

先生のお話では、保育園では元気に遊んでいるし、実際預ける時も迎えに行く時もニコニコしていて問題はなさそうだったのですが、身体検査の結果を毎月確認すると、順調に体重が成長曲線の下限に。。。ついに7月の10ヶ月健診の前に、下限を下回ったので、さすがにこれはいかんと自宅でも夕食をとるようにすることで、少しずつ回復し始めました。
かかりつけの小児科の若い先生には、はじめ、このまま体重が増えないようなら大きな病院で検査かもね、と脅されたのですが、実際10ヶ月健診ではおじいちゃん先生曰く、身長も伸びているし何より元気そうなので、まあ大丈夫でしょうが、しっかり離乳食を進めてくださいとのことでした。

いまでもまだ7kgをようやく超えたといったところで、小さい方ではあるのですが、はいはいもつかまり立ちもお手の物、最近ではおしぐるまを押してぐいぐい進んでいくので、とにかく元気いっぱいです。ごはんもだいぶ食べるようになってきて、とくに自分専用の離乳食より、大人やお姉ちゃんが食べているものに興味津々です。
間もなく1歳、大きな病気なく過ごせると良いのですが。

上の子に関しては、秋が近づくにつれて急にしっかりしてきて、ずっと懸案だったうんちがトイレでできるようになりました。出るタイミングはもうずっと前からわかるようになっていたのですが、なぜかトイレで座ってするのを嫌がり、

– うんちがしたくなる
– 紙パンツにはきかえる
– うんちをする

の流れでした。パンツにそのままするわけではない分、汚れ物が出るわけではないのですが、何しろ量も大人並みなので、処理するのが大変でした。。。

ところが、4歳まであと2ヶ月というところで、もうでちゃう!というタイミングでトイレに行かせて、う〜ん!つる〜んとでるよ〜と声をかけているうちに、初回成功!それが自信になったのか、翌日からスムーズにトイレでできるようになりました。毎日カウントして、今日は11回もできたね(通算)と数えてニコニコしています。本当によかった。。。(処理係として)

その他でも、いままでは声かけをすると脊髄反射で「いや」としか答えなかったのが、最近は「はーい」と応えられて逆に私がびっくりする、というような状態です。天使の4歳とは聞いていましたが、確かにかなり聞き分けが良くなってきている分、自己主張ができなくなる時期でもあるので、しっかりと要求を聞いてあげてくださいね、と保育園の先生には言われています。

いまのところその心配はなさそうですが。。。

解約後のNOTTVの通知の止め方。

例のごとく、入れば端末安くしてやんよ!ということでもれなく入ったNOTTVですが、月額420円だし見ないし、とさっそく翌日解約してアンインストールした(つもりでした)のに、定期的に「モバキャス放送波を受信できませんでした」というメッセージが通知エリアに一定期間ごとに入ってきました。

何かなーと思って調べてみると、 MmbServiceProcess というNOTTVのサービスプロセスが悪さをしているようで。

「Xperia A SO-04Eでドコモ機種の電池喰いプロセス、NOTTVの「MmbServiceProcess」が暴れている模様(対処法あり)」
http://blog.livedoor.jp/sumahoreview/archives/28251644.html

解約しても設定で通知をOFFにしないと通知が届き続けるようです。

こちらを見ていたのですが、NOTTVアンインストールしちゃったしなー、なぜか再インストールの一覧にも出てこないしなーと思って、NOTTVのサポートに電話したところ、

「Xperia Aでは、NOTTVアプリはアンインストールできないので、『設定→アプリ→すべて』の一番下にあります」

とのこと。えーまじですかーと思いながらスクロールしてみたら、あった!!。アプリの一覧にも、検索ボックスで検索してもでてこないので見落としてました。しかもアプリ一覧だと検索もできないし、アルファベット順で並び替えても一番下にいるってどういうこと…?!と思ったら、無効になったアプリは一番下に表示される仕様みたいです。いけてないよう…。

とりあえず、これで見つかったので、NOTTVのアプリを有効にして、ホーム画面から起動してみたところ、「起動に失敗しました」とのメッセージ…。一応端末再起動してみたけど、同様。
で、また設定→アプリの一覧からNOTTV開き、キャッシュとかデータを全部削除したところ、起動できました。いろいろいけてないわーいけてないわー。

で、設定画面から一通り全部をOFFにしてみました。これで通知はこない…はず。あとはデータ削除して、MbmServiceProcessもデータ消して強制停止。ただ、再起動したらまた起動してたので、本当にできてるのかどうかは不明です。どうなんだろうなー。とりあえず、Androidの唯一の弱点は変なアプリがプリインされてることだよなーと改めて思います。消せないアプリ多すぎ。

それ以外に関しては、Jerry beansになったおかげなのか単純にXperia Aのできがいいのか、すごくにゅるにゅる動くし、エフェクトも綺麗だし、端末自体には大満足です。地味に通知バーエリアにWi-FiとかGPSとかテザリングとかの設定ショートカットができたのがすごく便利で良いです。Android進化してるー。

子育て振り返り〜3ヶ月

気がつけば我が子も生後3ヶ月を迎え、ようやく親の自分たちも落ち着いてきました。ということで振り返り。

【入院中】
入院初日2日目くらいまでは母乳があまり出ず、一般病室(4人部屋)だったこともあって生まれたばかりの我が子の大号泣に困惑し、授乳室に入り浸りつつ、なんか泣いたりしてました。いわゆるマタニティブルーだったのやも。ところが3日目から急に胸が張り始め、母乳も潤沢になったおかげで我が子も落ち着き、寝ては飲み、飲んでは寝手の繰り返しで夜もだいぶ楽でした。入院中は特にすることもないのですが、言われていた通り体力がずいぶん落ちているようでほとんど子供と一緒に寝て暮らしている感じでした。テレビもなかったし、アレだけのんびり過ごしたのは久しぶりだったかも。

【退院後〜2ヶ月】
うちは母親が既に他界していることもあり、旦那さんが退院後の最初の一週間は休みを取ってくれて家のこと全般を受け持ってくれました。「産後クライシス」なんて話がありますが、確かにこの期間は本当に母親の私の体がままならないことと、子供の方も完全に頑是無い状態なので、夫の協力がなければのちのちいろいろアレだったろうなとすごく実感しました。
まず、急におなかが痛くなったりするし、体力も戻っていないので家事もままならないことに加え、母乳のために食事は気を使わなければいけない(野菜中心、乳製品や卵は控えめ!とか)、3時間起きの授乳に、夜泣き、そして外出もできないなど、産む前は想像もしなかったいろいろなことが結構なストレスになって、旦那さんが出社し始めた3週間目はほとんど毎日泣いたりしてました。核家族でひたすら泣き止まない子供と二人きりで相対しているのってたぶんやってみないとわからないけれども、すごく大変です。夜も4時間くらい泣き続けてたし、とにかく泣いている本人も何がなんだかわからないのだろうなあと思えるようになるまでが大変でした。子供の泣き声って心に響いちゃうので、泣き続けられるととても辛いのです。

ネグレクトとか幼児虐待とか、遠いことだと思ってましたが、ちょっとわかるなあと。幸い我が家は旦那さんがすごくこまめにサポートしてくれたので、初期としては一番大変だった2ヶ月までをなんとか乗り切ることができました。
実家に頼れるなら、頼っちゃった方が楽だなーとも思いますし、ただ二人で協力することで、大変さを共有できたのはすごくいい経験だなと振り返って今なら思えます(当時はそれどころじゃなかったですが…)。

あと、1ヶ月半くらいで実家に帰省し、兄夫婦とその子たち(2歳&5ヶ月児)に会えたのもすごくよかったなーと思いました。子供ってそういうものだなーっていうのがいろいろ聞けたし、この子を自分たちで守らなきゃって改めて実感できたので。それまでどこか我が家の闖入者な感じだったのが、本当に家族だなーって思えたのもこの頃でした。この辺りから、子供が泣いても少しずつ落ち着いて対処できるようになってきました。

【2ヶ月半〜3ヶ月】
母乳が安定して出だしたこともあるのかもしれないですが、この頃から急に子供が落ち着いてきて、母親を認識するようになってきたようです。それまではひたすらただ泣くだけで、おっぱい上げるまで泣き続けていたのが、声をかけるとぴたりと泣き止んだりするようになってきました。それに伴って、目が覚めたときに私の姿が見えないとぎゃん泣きしたり、旦那さんの抱っこでは断固として泣き止まなかったりと、いろいろ変化が見えてきています。あと、よく笑うようになってきてだいぶ可愛さアップ!
それとうんちの回数が目に見えて減ってきて、いまでは1日2〜3回です。

起きている時間も長くなってきたので、ベビージムに入れてみたりしていますが、最初は興味を示さなかったものの、3ヶ月近くなってくると30分くらいは上を眺めているようになったりしてきました。あと、寝転んでいると落ち着かないけれど、授乳クッションにもたせかけるようにして座らせてあげるとしばらく機嫌良くしています。あとテレビが大好きで、テレビをつけていると常にテレビの方を向いてしまうので、なるべく切るようにしてみたり…。この辺は母親似かもしれません…。

3ヶ月たって、ようやく少し余裕が出てきたかなとも思いますが、やっぱり2〜3時間刻みで授乳に、目が離せない緊張は続くし、お出かけもいろいろ制限があるので、なかなか母業は大変です。おかげで段取りだけはうまくなってきました!
そろそろiOSとか開発やりたいなあと思わなくもないのですが、少し空いた時間くらいはゆっくりしたいなーと思っちゃってなかなか手が出せていません。もう少し落ち着いてきたらできるのかどうか…。

ただ、自分の性格からして子育てをするに当たっての前提条件として「ストレス厳禁」だなーというのがしみじみ思いました。自分にストレスがたまると、子供との応対にも余裕が持てなくなるので、掃除や洗濯はできなければいいや〜、食事もちょっとくらいは手を抜いちゃっていいや〜というキモチで旦那さんにいろいろ手伝ってもらってこれからものんびりやっていこうと思います。いろいろ積極的にサポートしてくれる旦那さんには本当に感謝です。

【最後に】
なんだか周りでまだまだベビーブームが続くようですが、世のこれからお父さんになる方々、ぜひお母さんをいたわって上げてくださいな。お仕事が大変なのもわかりますが、子育てって想像を絶する大変さですよ!(私だけ?!)

koboで本を買って読んでみた。

本が大好きなので、個人的にはebook-readerには懐疑的というか、あんまり興味がなかったのだけれどまあとりあえずあるし使ってみなきゃということで、発売日当日にアクティベーション→購入→読書を試してみました。

アクティベーションまで
帰宅後にfacebook見ると「うまくできない」の嵐でしたが、ひとまず試してみたところ、Step 2/4のログインするところで、ログインしてもログイン画面に戻ってしまうループが発生。とりあえず少し時間をおいて、ついでに3回連続でログインしてみたら、最終的にログイン成功。
しかしメルマガのチェックボックスがデフォルトONなのはもはやお家芸。さすがです(でもkoboの会員ページですぐに解除できるよ!)

いまは比較的落ち着いていてさらっとアクティベートできるようです。

本を探す
とりあえずデスクトップアプリから本を探してみると、京極夏彦!そしてなぜか伊藤計劃の『虐殺器官』と『ハーモニー』が!!渋い、渋いよ!と思いながらとりあえず姑獲鳥の夏買ってみました。1巻が170円なのはお買い得なのかなー。
あとちょっと気になったのはトップの「ピックアップ」でしか本を「お気に入り」に入れるPinが表示されないような。まあこれからですね。

ついでに前から気になっていた冲方丁の『天地明察』を購入。転送までは大変スムーズでした。

読んでみる
いよいよPCから接続を外して、本を読んでみる。表紙を選択して…あれ…?ページがめくれない?

…なんとなく電子デバイスだと横書きに慣れているので、右から左にスライドしているのが原因でした…。右からそーっとスライドするとめくれるように。あとで気づいたのですが、設定でページめくりを画面のどの範囲でやるかを設定できるのでした。あと下の真ん中部分がフォントとかの設定部分。それくらいは説明書があってもいいかもと思ったり思わなかったり。

iPhoneやiPadに慣れている人は、もっさり感とチープなガジェット感に驚いてえーってなるかもしれないけれど、ebook readerというのはリッチデバイスではなくて、文庫本の代替となるものと思えば、なるほどなーという感じです。小さくて軽くて読みやすい。ここに特化している「デジタル化された本」。

e-inkは本当に疲れないというか紙と同じ感じ。デフォルトのリフレッシュレートが6ページで、だんだん焼き付いてくる感じだったので、3ページごとにしたら、もう少しすっきり見えるようになってきました。
あと、文庫本のイメージで読みたいので、フォントを小さくすると明朝っぽいフォントだと薄くなってしまうのがちょっぴり残念。ゴシック風のモリサワフォントでとっても読みやすいのでそれはそれでよいのですが、やっぱり小説なら、明朝っぽいフォントがきれいに見えるとうれしいなあ。

今後に期待したいこと
『天地明察』上下読んでみましたが、文庫本2冊持ち歩くよりスペースとらないし、小さな鞄しか持ち歩かない人にはとってもオススメです。上巻読み終わりそうなときに、下巻持ち歩くかどうか悩まなくていいし!

ただ、ページをめくるつもりが引用のメニューが起動してしまうことがちょいちょいあって、慣れもあると思うのですが、ここの操作感はもう少し滑らかになるといいなあと思います。

というわけで、これはいいわーとむしろ残念に思うくらい違和感なく広がっていくんじゃないかと思えました。あとはストアがどれだけ拡充できるか。「自炊」という「本を切り裂く」行為が個人的にはすごくアレな感じがするので、いっそ早く電子書籍が広まってくれるといいなあと思っています。

いつでも買えて、すぐに読み始められるので、コンテンツさえあれば、書籍費が間違いなく自分の場合は増えそうです。リアルな書店の行き先が気になるところですが、ネットで見知らぬ面白そうな本を見つける喜びというのは今のところ味わえないなーと思っているので、いっそリアル書店で電子書籍が買えるようなインタフェースを整備して、お互いにうまく共存してほしいなーと思ったり。

「装丁も含めて本」なので、そこがこれから変わってしまうのは惜しい気もするけれど、この流れは変わらない気もします。ただ、思想の自由の観点からはリアルな本はやっぱり生き残ってほしいかな。電子書籍になるってことは、ほぼ誰がどの本を読んでいるか100%特定できる状態になってしまうということだし。

とつらつら書きましたが、kobo、ちょっととっつきにくいところはありますが、コンテンツが拡充してストアがもっと便利になればこれからすごく大きくなっていけると思います。がんばってほしいなー。

Git tutorial

– How to clone
git clone <repository>

– How to make a branch
git branch <branch-name>

– How to switch to your branch
git checkout <branch-name>

– How to add commit list
git commit .

– How to ommit
git commit -m “<comment>”

– How to switch to master
git checkout master

– How to update master
git pull

– How to send pull request to my branch
git push origin <branch-name>

– How to remove my local branch
git branch -D <branch-name>

– How to remove remote branch
git push origin :<branch-name>

– How to merge from master
git merger origin/master

ドメインとったので

WP入れてみました。管理画面のところどころフォントが明朝なのがとってもキモチわるいです。
これCSS直接いじっちゃってもいいものかしら。

それにしてもロリポはいろいろパワーアップしてるなあ。
いろんなもののインストールが楽になってる。
ほとんどつかわないのでヘテムルには申し込めませんでしたごめんなさい。

とりあえず今日がんばってみたことメモ。
地図上にアイコン描いて、そのアイコンタップしたらダイアログが出るようにする。

package org.orangesun.tabi.map;
import java.util.ArrayList;
import java.util.List;

import org.orangesun.tabi.R;
import org.orangesun.tabi.api.SimpleHotelSearch;
import org.orangesun.tabi.beans.HotelDetail;
import org.orangesun.tabi.common.Constants;

import android.app.Dialog;
import android.content.Context;
import android.graphics.drawable.Drawable;
import android.util.Log;
import android.view.MotionEvent;
import android.widget.ImageView;
import android.widget.TextView;
import android.widget.Toast;

import com.google.android.maps.GeoPoint;
import com.google.android.maps.ItemizedOverlay;
import com.google.android.maps.MapView;

/**
 *
 * @author 
 *
 */
public class PinOverlay extends ItemizedOverlay {
    private List points = new ArrayList();
    private List hotelList;
    private SimpleHotelSearch api;
    private Context context;
    private Dialog dialog;

    public PinOverlay(Drawable defaultMarker, Context context) {
        super(boundCenterBottom(defaultMarker));
        this.context = context;

        dialog = new Dialog(context);
        dialog.setContentView(R.layout.hotel_on_map);
        dialog.setTitle(R.string.hotelDetailHeader);
    }

    @Override
    protected PinOverlayItem createItem(int i) {
        GeoPoint point = points.get(i);
        return new PinOverlayItem(point);
    }
    @Override
    public int size() {
        return points.size();
    }

    @Override
    public boolean onTouchEvent(MotionEvent event, MapView mapView) {
        try {
            if (event.getAction() == MotionEvent.ACTION_UP
                    && event.getEventTime() - event.getDownTime() > 300) {
                GeoPoint point = mapView.getMapCenter();
                if (api == null) {
                    api = new SimpleHotelSearch();
                }
                hotelList = api.searchByGeoPoint(String.valueOf(point.getLatitudeE6() / 1E6), String
                        .valueOf(point.getLongitudeE6() / 1E6));
                addPoint(hotelList);
            }
        } catch (Exception e) {
            Toast.makeText(context, R.string.noLocationService, Toast.LENGTH_LONG).show();
            Log.e("Err", e.getMessage(), e);
            return false;
        }
        return super.onTouchEvent(event, mapView);
    }

    /**
     *
     * @param point
     */
    public void addPoint(GeoPoint point) {
        this.points.add(point);
        populate();
    }

    /**
     *
     * @param hotelList
     */
    public void addPoint(List hotelList) {
        clearPoint();
        for (int i = 0, max = hotelList.size(); i < max; i++) {
            HotelDetail hotel = hotelList.get(i);

            Double lat = new Double(hotel.latitude) * 1E6;
            Double lon = new Double(hotel.longitude) * 1E6;
            GeoPoint point = new GeoPoint(lat.intValue(), lon.intValue());
            this.points.add(point);
        }
        Log.d(Constants.LOG_TAG, "PinOverlay# size=[" + size() + "]");
        populate();
    }

    public void clearPoint() {
        this.points.clear();
        populate();
    }

    @Override
    public boolean onTap(int index) {
        Log.d(Constants.LOG_TAG, "PinOverlay# onTap() start.");
        if (index >= 0 && hotelList != null && !hotelList.isEmpty()) {
            if (!dialog.isShowing()) {
                HotelDetail hotel = hotelList.get(index);
                TextView text = (TextView) dialog.findViewById(R.id.text);
                text.setText(hotel.hotelName);
                ImageView image = (ImageView) dialog.findViewById(R.id.image);
                image.setImageResource(R.drawable.ic_hotel);

                dialog.show();
            } else {
                dialog.dismiss();
            }
            Toast.makeText(context, hotelList.get(index).hotelName, Toast.LENGTH_LONG).show();
        }
        return super.onTap(index);
    }
}

コード整形プラグインのつかい方がわかんない…。