子育て振り返り〜1歳3ヶ月&お仕事復帰1ヶ月

復職後、あっという間で気がつけば我が子も早1歳3ヶ月!早い早い早い…!

【よくある一日】
————————————-
6:00am : 起床→身支度を整えて朝ごはん準備。
6:40am : 家族で朝ごはん。食パンと玉子焼きとか冷凍しておいた野菜ミックスでお味噌汁とか。
7:05am : 母出社。お父さんとお見送り後、着替えたりうんちしたり。
7:50am : 父&我が子出発。
8:10am : 保育園で我が子を預け完了。
8:40am : 母会社に到着。
4:00pm : 母会社出発。スイッチ切り替え。
5:15pm : 母最寄り駅到着。買い物を済ませてお迎えに。
6:00pm : 帰宅。パンとか軽食を食べさせつつ、晩ごはん準備。
6:20pm : 晩ごはん。投げたりぺーしたりするので、母激おこになることしばしば。
6:45pm : お風呂。上がってからしばらく録画しておいたおかあさんといっしょを見たりレゴで遊んだり。
7:30pm : 寝かしつけ開始
8:00pm〜8:30pm : 寝かしつけ完了。熟睡している場合はベビーベッドに移動。
9:00pm〜10:00pm : 何度か目を覚ますので、寝かしつけに。合間に夫帰宅。夕食。
11:30pm〜0:00am : 子供が泣いたらベビーベッドから大人ベッドに移し、両親就寝。
————————————–

【できるようになったこと/変わったこと】

– 保育園であまり泣かなくなってきた。
通い始めてから1ヶ月ほどたって、ようやく別れ際に泣かなくなってきたそうです(夫談)。迎えに行くと、私の顔を見た瞬間に泣き出すのが常でしたが、最近ようやくふえ…と泣きそうになるものの、大泣きはしなくなってきました。
一度、保育園に到着したときに「そーっと隠れながら奥へ来てください」と保育士の方々に言われてナニゴトかなーと思って行くと、楽しそうに笑って遊んでいる姿を見ることができました。

ちなみに園での食事は常に完食、おかわりと書かれています(笑)ただし、なぜかイチゴが嫌いらしく、お誕生日会などで出るたびに、いちご×と書かれています…。

– 手をつないで、外でも歩けるように。
少し前までは、家の中でなら両手をつかんであげると上手に歩けるようになっていましたが、外に出ると根でも生えたかのように微動だにしませんでした。が、週末に動物園へ行ったときに、両親で片手ずつつなぎ、持ち上げて遊んだりしているうちに、ゆっくりと歩けるようになり、最近では片手をちょっとつないであげれば、楽しそうに歩くようになってきました。
ノってくると、逆にベビーカーもだっこも全力で拒否して歩きたがってなかなか進めないなんてことも増えてきましたが、そろそろ歩けるようになるかなーという感じです。

– 湯船に一人で入れるようになった。
お風呂は基本的にだっこで洗ってあげていっしょに湯船につかる、というスタイルだったのですが、最近は子供用のちいさなお風呂イスに座らせて洗い、終わったら湯船に入れて、その間に私が頭や体を洗うことができるようになってきました。もちろん目を離すと危ないかなと思うので、数秒おきに目をやりながら慌ただしい感じですが、それでも一緒に自分のお風呂も済ませてしまえるようになったので、だいぶ楽になりました。

– 好き嫌いと気分次第の食事
大変になってきたのが食事です。もともと朝は時間がないので慌ただしくなってしまうのが申し訳ないのですが、飽きてくるのかとつぜん食パンの入ったお皿を投げ飛ばしたりして、こっぴどく叱られるということがよくあります…。2歳になるまではあまり叱っても通じないというように栄養士さんに言われたのですが、さすがに食べ物を粗末にするのは許しがたく、なかなか悩ましいところです。
食べ物自体はもう離乳食は卒業し、休みの日は特に大人が食べているものを分けて食べさせたりしています。一応、味の濃いものや生ものは避けるようにしていますが、麻婆豆腐をどうしても食べたがったり、大人が食べるものに興味津々のようです。

– お片づけ?
最近ふと見ると、散らかり放題だったものがぜんぶおもちゃカゴに入っていたりすることが増えてきました。かたづけなのか、単純に入れて遊んでいるのかは謎ですが…。

– 木馬でゆらゆら&ソファから下りられるように
何度乗せてもすぐに下りてしまうので、ほとんど置物と化していたIKEAのトナカイ木馬に久しぶりに乗せてみたら、なんと自分でゆらゆらして楽しそうに遊べるようになっていました。自分で下りることもできるようになり、試してみたらソファからもゆっくり下りられました。上って向こう側に落ちそうになるので、やっぱり目は離せません。

– 絵本を自分で読みたがる
以前は絵本を読んであげるとおとなしくなったのですが、最近では自分でやりたがって絵本を奪っていきます。ゆっくり読んで上げることは少なくなりましたが、それでも絵本には興味があるようなので、時々ひろげて指をさしたりするのを一緒に見ています。

– 夜、ぐっすり眠るように
断乳後、寝ついてから0時くらいまでは何度か目を覚ましますが、両親と一緒に添い寝していれば基本的にちょっと目を覚ましても手を握ってあげるか、おしゃぶりをくわえさせてあげるとそのままおとなしく眠るようになりました。夜、大人も比較的ゆっくり眠れるようになったので、だいぶ助かっています。朝早いので…。

– 風邪、引きまくり
保育園に行き始めて、私が復帰するまでは入院したり高熱を出したりとてんやわんやでしたが、復帰後は熱を出すことがほとんどなくなり、出すとしても週末にちょっと出るくらいになりました。それでも鼻風邪はずーっと引いていて、電動鼻吸い器が大活躍です。ただ、さすがに2週間以上鼻水が続いたので先日耳鼻科で診てもらったところ、軽い中耳炎になっており、お薬を処方してもらいました。熱が出ないからといって油断していると危ないなあと実感した次第です。

【まとめ】
お仕事復帰して、通勤などはだいぶしんどいですが、職場について仕事を始めると基本的に子供のことは頭の隅に行ってしまい、16時ぎりぎりにはあれもやりたいこれもやりたいと思いつつ、会社を飛び出す感じです。ただ、電車にのってKoboで本を読むことで仕事モードから家庭モードに切り替わるので、まあほどほどにという感じでもあります。

いまはJenkinsやらなんやら開発の足回りをメインに作業していています。特にUnitテスト周りは知らないことだらけなので、新しいことと格闘する日々で、なかなか充実しています。ただ、ずっとユーザからのダイレクトなレスポンス(時に罵詈雑言w)をいただく仕事を長らくやっていたので、ユーザから遠い仕事は少し寂しいなあと思ったりするのも正直なところだったり。そういうものは仕事としてでなくても自分でやれるといえばそうなのですが、自宅に帰ってくるとどうしても子供の世話に追われてしまうので、しばらくは仕方ないかなあとも思います。主務母と割り切るのもひとつの手ですね。

我が子はわがまま放題なのでムッキーとなることもしばしばですが、それでも一緒に遊んで笑ってくれれば可愛いし、寝顔も可愛いし、動物園で不思議そうに動物を眺めているのを見ると、こちらまでワクワクしてきます。自分が子供時代に楽しんでいたことを、新たに楽しめるというのはとても貴重な体験だなあと思うので、今の生活をめいっぱい楽しんでいこうと思います。