出産後買ってよかったものまとめーその2

なくてはならないわけではないけれど、あってよかったものシリーズもまとめてみます。

チャイルドシート

我が家は実家が遠方なこともあり、1ヶ月半から帰省してみたり、祖母に会いに行ってみたりと0歳児なのに既に車移動距離が軽く2000km近く行っています。が、コレに乗っていると新生児の頃は本当に良く寝てくれました。最近は短い距離だとあまり寝ないのですが、長距離移動ならおしゃぶりしていれば寝てくれるのでだいぶ助かっています。他のものを使ったことがないので比較できないのですが、すやすや寝入ってくれるので、ちょっと高いですがこちらを買ってよかったなと思いました。ただもうだいぶきつそうな気も…。

カフェインレスコーヒー

カフェインについては賛否両論で、気にしなくても良いという人がいる一方、助産師さんには薄めのものを1日一杯程度なら…言われました。もともと普段からコーヒーガブ飲みしていたので、母乳育児でそれでなくてもいろいろ制限がある食事なのにコーヒーも飲めないの辛いなあと思っていて気がついたのがカフェインレスコーヒー。最初は無印良品で買っていたのですが10個パック入りしかない上に、ある日を境に売り切れてしまっていたので、思い切ってまとめ買いしてみることに。

こちらのカフェインレスコーヒーはきちんとコーヒー味なので、毎朝1杯(ときどきおやつタイムにも)、気にせず飲めるので気に入っています。モカも試してみたのですが、ちょっと薄い気がするので次はもう一度コロンビアを買おうかなと思っています。

ハンドクリーム

Sufu ハンドクリーム パステルペタル

Sufu ハンドクリーム パステルペタル
価格:1,575円(税込、送料込)

子供が産まれてオムツ替えをするようになってから、毎回手を洗うようになると、びっくりするくらい手が荒れます。冬の間は特に、あかぎれができるくらいにカッサカサになったので、慌ててハンドクリームを塗るようになりました。最初はワセリンを使っていて、それもよかったのですがちょっとべとつくのが気になって、こちらを購入してみたら香りがすごく良くて、しかも手もきれいになりました。ちょっと高いのが難点ですが…。

母乳パッド

産院で入院グッズの中に入っていたのが、こちらの母乳パッドでした。助産師さんには「コストかかるから、お家にいるときはタオルでも大丈夫よ」と言われたのでやってみたのですが、蒸れるし洗濯も面倒だし…。それに、ある程度落ち着いてくると、1日1回交換すれば十分くらいになったので、結局毎日これを使っています。そんなに高いものでもないので、そんなにコストを気にしないのであれば衛生的にも、使い捨てのものを使った方が良いかなと思います。

ノンアルコールビール

アサヒ ドライゼロ缶 350ml×24 ケース売り

アサヒ ドライゼロ缶 350ml×24 ケース売り
価格:2,851円(税込、送料別)

母乳育児は産後の体重コントロールや、子供とのふれあい、ほしがったらすぐに上げられる、衛生的にもよい、子供の成長に合わせて成分が調整されるなどいいことづくめなのですが、唯一の弱点が母親が食べたり飲んだりするものに気をつかう必要があるということです。

中でもお酒もNG。妊娠中から計算すると2年はお酒が飲めない勘定です。ただ、友人も言っていた通り、どこかでスイッチが切り替わるのか、私の場合はほぼ毎日缶ビール1本くらいは飲んでいたのですが、妊娠がわかってからはそんなに飲みたいと思わなくなったので、禁酒自体はそれほど大変でもありませんでした。が、たまには美味しいものと一緒に飲みたいなーと思うこともある訳です。
そんな中、昨年Kスタで飲んだこのドライゼロが一番ビールに近くて美味しく感じました。あくまでノンアルコールビールの中では、という感じですが…。

アルコールに関しても少量なら大丈夫な人もいるようですが、CMでも警告が出るように、摂取せずに済むなら授乳が終わるまで避けた方が良いのかなと個人的には思っています。

ガラガラ

右へ!左へ!お目めの追いかけっこガラガラ

右へ!左へ!お目めの追いかけっこガラガラ
価格:480円(税込、送料別)

最近は少し落ち着いてきたのですが、1ヶ月〜2ヶ月半くらいまで、泣き出すともうどうにもならなくなってずっと泣き続けることがあったのですが、なぜかこのおもちゃをふってしゃらしゃらと音がすると、ぴたりと泣き止むことが多かったです。鳴り止むとまた泣き出すのですが、鳴らすとぴたり。なので、鳴らしてちょっとおちついたところですかさず授乳して寝かしつける、というのが一時期必殺技になっていました。

ただ、このあたりは赤ちゃんによって個人差、好みもあると思うので効くかどうかはわかりませんが、どうしても泣き止まないことがあれば試されてみるのもよいかと思います。うちは本当にコレに助けられました…。

身びいきもありますが、改めて出産後はしばらく家からなかなか出られなかったので、楽天市場のありがたみを感じました。ネットスーパーの楽天マートも何回か利用しましたが、子連れではなかなか出かけられない時期や、雨の日などは本当に助かりました。楽天マートは必要なものは最低限そろっているのですが、たとえば豆腐の種類が選べるようになるとか、リアルスーパー並になってくれるともっといいなあと思ったりもしました。
何にせよ、主婦層が市場を利用する理由が実感できたなーと思います。

あとKoboも便利でした。ただ、コミックスは気軽に買えすぎて気がつくと全巻そろっちゃったりして危険です…。

子育て振り返り〜4〜5ヶ月

あっという間に4ヶ月検診を迎えました。62.0cm/6995gと成長曲線のど真ん中、1ヶ月検診で言われた股関節脱臼の疑いも問題なしの健康優良児でした。

振り返ってみるとあっという間ですが、この4〜5ヶ月の成長は目を見張るものがあったなと思います。

【成長実感ポイント】

おもちゃで遊べるようになった。

それまでは、かじるおもちゃやベビージムはかろうじてにぎれる、とか見つめる、レベルだったのが一気にくわえてガジガジ、手を振り回してぶんぶんにぎって遊べるようになりました。特にベビージムは、触ると音が鳴るモードにすると、鳴らないと明らかにイラッとしていたり、鳴ると嬉しそうにしていたりするので、本当に成長したなあと実感できます。
興味をもつ時間はせいぜい30分もてばいい方ですが…。

うんち/おしっこの回数が激減
それまでは、オムツを替えている途中でえいやあとやられることもしばしばだったのですが、3ヶ月を過ぎる辺りから本当に回数が減って、だいたいうんちは1日1回、おしっこも、授乳のタイミングで替えれば問題ないくらいの回数になってきました。たまにお風呂でやられますが…。そして、ぶかぶかだったパンパースのSサイズがそろそろきつくなってきて、残り100個近いものを消化できるか微妙な感じです。まあ、8kgまでいけると書いてあるので、大丈夫だとは思うのですが…。Mになるとさらに単価が上がるんだよなあ…。
そして、少し前まではおっぱい飲むたびにたらたらと吐乳してたのが、ほとんどしなくなりました。満腹中枢が発達したせいか、おなかいっぱいになると自分から口を話すようになったし、げっぷもすんなり出せるようになってきました。需給のバランスもとれているようです。
今は

———————–
4:30〜5:30:授乳
7:30〜8:30:授乳(このタイミングでうんちすることしばしば)
10:00くらいから授乳しつつちょっと寝る
11:00くらいには目が覚めて授乳
13:00くらい:授乳、このあとお昼寝したりしなかったり
15:00くらい:授乳、このあとお昼寝したりしなかったり
16:00くらい:お風呂
16:30くらい:授乳、このあと長いと6時くらいまで寝ちゃったり寝なかったり
17:00-18:30:ぐずぐず(黄昏泣き?)
19:30くらい:授乳、寝る。
0:00〜2:00:授乳
———————–
くらいのペースになってます。

夜、すんなり眠るようになった。
それまで我々大人が寝るまでリビングで寝たり起きたりしてたのですが、育児書を見たら、だいたいみんな9時には寝かしつけをするとあったので、慌てて生活を切り替えてみました。最初はぐずぐずしがちだったのですが、ある日、授乳のあとに抱っこしてても反り返るばかりで全然寝ない。
だんだんこっちも疲れてきてもう勝手にしなさい!とばかりに、ベビーベッドに寝かせてみたらアラ不思議。そのまま電気を消したら手を握っているだけですーっと眠ってしまいました。
ちょっと前までは抱っこしてないと絶対に寝なかったし、寝るまで4時間号泣とか、寝たかなと思っても置くと背中スイッチ起動で何度も抱っこを繰り返していたのが嘘のようです。

【アレコレ】
最近はあやすと本当に良く笑うようになって、たとえば朝起きて「おはよう」と目を見つめて言うとにこ〜っと本当に嬉しそうに笑ってくれるので、あー子育てって楽しいかもとようやく思えるようになってきました。正直、最初の1〜2ヶ月はしんどいが8〜9割くらいで、こんなんで本当にやっていけるのかなと思ったりもしていました。ただ、振り返ってみると、まだまだ小さいけどそれよりはるかに小さかった生まれたての頃はもう戻ってこないのね、と少し寂しく思う気持ちもあったりして、子育てって本当に経験だなあと感じます。毎日が経験値。

それから、日中は家事や自分のやりたいこともあるので、ベビージムに入れてみたり、おもちゃをくわえさせてみたりと、なるべくひとりで遊んでもらおうと画策していたのですが、区のブックスタートという取り組みでもらってきた絵本を読んであげたら、こちらを見上げてにこにこしたり、教えてもらった童うたを唄って遊んであげたら声を上げてすごく楽しそうにしていたりするのを見て、あーなんかごめんねーと改めて思ったりもしました。ボランティアの方がおっしゃっていたのですが、子供は親のに声をかけてもらったり遊んでもらうのが大好き、と。
もちろん四六時中ひとりで子供にかかり切りだと疲れてしまうので、適度に息抜きは必要ですが、こんな時期はそう長くもないので、余裕があるときはこうやってコミュニケーションをとるのも大事ですね。

先日の4ヶ月検診で「子供がだいぶ成長してきて、最近いろいろ楽になってきました」って言ったら、助産師の方に「それはあなたが成長したのよ」って言われて、そうなのかなーと思いました。確かに4ヶ月前に今の状態だったとしても四苦八苦している気もするし、子育てっていうよりは子とともに育っていっているのかもしれません。

【謝辞】
我が家は距離的なこともあって実家に頼ることができないので、旦那さんのサポートがとても大きいです。今はすごく助けてもらっていて、感謝することしきりです。
たとえば、出産してからこの5ヶ月、日本語が通じる相手との会話の9割が旦那さんのみです。仕事をしていた頃から考えれば、本当に世界が狭くなっています。うんちを爆音とともに漏らしたとか、マラカス振りすぎて吹き飛ばしてびっくりしてた顔が超かわいかったとか、そんな些細な話題でも聴いてもらえることで、だいぶ助かっています。

それに、仕事をしていた頃も週末は楽しみでしたが、それ以上にいまは週末が待ち遠しい気がします。慣れてきたとはいえ、子供と二人きりの生活はやっぱり少したいへんです。とくに一人目の子供なので、お風呂に入れるのも、まだまだ耳に水が入らないかしら、落っことさないかしら、などなどそんな小さなことでも心配の種は尽きないのです。そこに旦那さんがいてくれるだけでも、ずいぶん心強いんですよ。

いつもありがとうー。

プラスして、Facebookなんかのソーシャルのおかげで、たくさんの先輩ママさんパパさんたちに助けていただいています。これがなかったら孤育て感もっと強かっただろうなあと最近改めて思います。ありがとうございます。

まだまだたったの5ヶ月。これからもぼちぼち頑張って参ろうと思います。